ジャコウネコが選ぶスペシャルなコーヒー豆

ジャコウネコ(麝香ネコ)

東南アジアの一部(主にフィリピンやインドネシア)にすみ、

果実などを鉱物としているジャコウネコ科の動物です。


彼らの大好物


果物(バナナや果実など)

お酒(シュガーパームという植物から取れるお酒)

コーヒー豆


嗅覚の優れたジャコウネコは、

熟した最高に美味しい状態の果物やコーヒー豆を選んで、食します。


ジャコウネコの選ぶコーヒー豆の条件


アラビカ種やリベリカ種であること

スペシャリティーコーヒーの種類として有名な、アラビカ種。

そして、生産量が少なく交配されずに原種が残るリベリカ種。

フィリピンに植生するジャコウネコは、この2種のコーヒー豆しか食しません。


熟して最高に美味しい状態のコーヒー豆であること

コーヒーチェリーがしっかり熟したコーヒー豆を、ジャコウネコは優れた嗅覚で見極め、熟したコーヒーチェリーの中でも、最高に美味しいコーヒー豆だけを食べるのです。

熟したコーヒーチェリーの中で、さらに最高の状態のものを見分けるのは、熟練したコーヒー農家でも難しく、まさしくジャコウネコだけが選べる美味しいコーヒーが、ジャコウネコのコーヒー(アラミドコーヒー・コピルアク)となります。


そして、コーヒー豆に加えて、果実とお酒がマリアージュされることで、

世界一のコーヒーと呼ばれるにふさわしい、

複雑で豊かな風味が作り出されるのです。