世界一のコーヒーとは?

世界一のコーヒーと呼ばれている、ジャコウネコのコーヒー

なぜ世界一のコーヒーと呼ばれるのでしょうか?


希少価値が世界一高い

ジャコウネコのコーヒー(コピルアク・シベットコーヒー)は、

1日に1kg取れるかどうか。非常に生産量の少ないコーヒーなのです。


そもそも、ジャコウネコが生息している地域は、

インドネシアとフィリピンの一部のみで、

コーヒー豆の収穫期は、年に2-3ヶ月ほど。


限られた地域と限られた時期でしか収穫できないコーヒー豆のため、

希少価値が高く、世界一のコーヒーと言われています




世界一高いコーヒー

希少価値が高く、流通量が極端に少ないため、

ジャコウネコのコーヒーのマーケット取引価格は、

一般のコーヒー豆の100倍とも言われます。


世界最高峰のコーヒー品評会:カップオブエクセレンス(Cup of Excellence) で86点/100点満点以上のカップオブエクセレンス賞を受賞したコーヒーと比較しても、2倍以上の価格で取引されるほどです。


日本でも5つ星ホテルの数店舗で飲むことのできるジャコウネコのコーヒーは、一杯5,000円〜7,000円で提供されています。


世界一豊かで複雑な風味を持つコーヒー

どれだけ希少価値が高くても、美味しくなければ、コーヒーとして

世界一と称されるものにはなりません。

ジャコウネコのコーヒーは、世界一のコーヒーにふさわしい、

豊かで複雑な風味を持ち、コーヒーの愛好家を虜にしているのです。


<アラミドコーヒー(ジャコウネコのコーヒー)のロースターコメント>

映画などでも、死ぬまでに飲みたいコーヒーなどとして、

紹介されるジャコウネコのコーヒー。

そんなジャコウネコのコーヒーの中でも、さらにプレミアムグレードのコーヒーは、アラミドコーヒーと呼ばれています。