ジャコウネコのコーヒーとは?

ジャコウネコは、インドネシアやフィリピンの一部に住む、ジャコウネコ科のネコ。

英語名:Civet (シベット)、インドネシア語:Luwak (ルアク)と言われます。

ジャコウネコは、熟した果樹やコーヒーの実を好み、ココナッツのお酒も好物とする変わったネコです。


コーヒーの森を作るジャコウネコ

ジャコウネコとコーヒーは共存共栄の関係。

ジャコウネコが食べたコーヒーの実は、果実の部分だけが消化され、コーヒー豆は排泄され土に還ります。

そして、土に還ったコーヒー豆からは、新しい芽が出てコーヒーの木が育ちます。


このサイクルを繰り返し、ジャコウネコが長い年月をかけて、コーヒーの森を創っています。


コーヒーの森とジャコウネコ。

この自然の共存・共生の関係から生み出されるシコーヒーだけが、ジャコウネコのコーヒーとして、世界中のコーヒー愛好家を魅了しています。

ジャコウネコのコーヒーは、インドネシアではコピルアク(コピルアック)やシベットコーヒーなどと呼ばれます。


またジャコウネコのコーヒーの中でも、プレミアムなグレードとされているのが、アラミドコーヒー。

アラミドコーヒーは、自然農法のコーヒーの森から、野生のジャコウネコが集めたコーヒーを、フェアトレードの基準で商品化したプレミアム グレードのジャコウネコのコーヒー。


私たちは、このアラミドコーヒーを日本で唯一自家焙煎し、お客様にお届けしています。